2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

参加予定イベントやリンク

無料ブログはココログ

ウェブページ

こころぐ

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

栗な季節

025 栗の甘露煮を、作ってみました。
渋皮付き。
が!
ちょっと固くなっちゃったかなー。
栗の渋皮煮は、色んな方が色んなレシピを書いていらっしゃるので、また、違うレシピで作ってみたいです。とにかく、鬼皮と残った筋(みたいな物)を向くのが一番大変。要は手間…みたいな食べ物です。
味はいいんだけどなー。
最近そんなのばっかり…。
今回は、鬼皮剥いて、二回重曹入りのお湯で煮て、皮を綺麗に掃除して、砂糖で煮含めるというレシピでした。

おつまみ…

やはり良くするのが、ブロッコリーのペペロンチーノ。
お湯を沸かして、パスタを茹で始める。
(冷たい)フライパンにオリーブ油とニンニクと唐辛子を入れ、火を付けて、細かくフライパンを揺すり、香りを出す。
パスタのゆであがり時間を逆算して、ブロッコリーを入れる。(2~3分?)
パスタとブロッコリーをザルに上げ、フライパンに入れる。水気は残し気味にして投入。
胡椒をする。味を見る。

もしくは、茹でたブロッコリーがあれば、良く刻んでパスタを入れる前に、フライパンに投入。自分はもっぱらこの作り方。(ブロッコリーは、面倒なのでまとめて茹でてあるため)

で、これのパスタがないバージョンをよくやるわけ。
この場合は、ブロッコリーが茹でてあるの前提ですが。
冷たいブロッコリーにドレッシングかけるより、自分は好き。

パスタ?

パスタが好きなんですが、その具だけで食べるのも、好きなんです。
こちらのパスタサイトは、よくお世話になっております。(前もかきましたね)
アンチョビを使ったパスタは、よくキャベツのアンチョビ風味を作るのですが、こちらのジャガイモとキャベツのアンチョビ風味も美味しそう。夜食なので、パスタを抜いてみました。
フライパン一つで作りたかったので、薄く切ったジャガイモとキャベツを、ニンニクの香りを付けたオリーブオイルで炒め、アンチョビは、オリーブオイルと白ワインで溶いておいて最後にかけました。好みで胡椒を。
なかなか良いおつまみですよ。

で、漉し餡の作り方。

小豆100gは何回か水を換えながら、十時間水に浸ける。
3リットルの水で、一時間ほど茹でる。つぶれる程度。
ザルをボウルに重ね、空ける。良く潰して、ボウルに中身が出るようにする。皮だけ残す。
それをさらしで濾して、固形分だけ残るようにする。水を出来るだけ絞る。
鍋に餡と、砂糖100gを入れる。砂糖が溶けるのを確認してから、混ぜ始める。
弱火でよく練る。
個人的には、少し塩を入れた方が、味がしまって美味しかったです。

023 あんこを作ってみました。漉し餡。
初めてだったのですが、案外上手く行きました。やっぱり上品だし。
そしてその餡で、くず桜を作ってみました。
大きめなので、ちょっと不格好。
024

生春巻き

022 を作ってみました。
以前も作ったことがあるんですが、その時は素直に作り方通りに作って、アホのようにキッチンペーパーを消費。
単に水にくぐらせて、ペーパーで挟めばいいと気がつきました。
後は、お庭でパクチーを育てられたから。

オーソドックスな鶏肉です。やっぱ肝はスウィートチリソース。
今度、独自レシピなんぞ作ってみたいです。
個人的にはアボカドとかチーズ。

あやしい夜食3?

021 去年はまった、冷やしラーメン。
袋塩ラーメンの麺を、ちょっと長めに茹でる。
冷水で冷やす。
皿に盛り、ネギ、胡麻などを、お好みで掛ける。
ラーメンに付いているスープの素の半量を、氷水で溶く。水の分量の1/4程。
掛ける。

これは、溶くのを豆乳でしてみました。
が!甘くなってしまって微妙。
これはこういう物だと思えばいいのですが、イマイチかも。

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »