2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

参加予定イベントやリンク

無料ブログはココログ

ウェブページ

こころぐ

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

新作…

140 カルトナージュの道具入れです。
お教室で、作っている方がいたので、自分も是非と。
流石に、百均のプラケースじゃ、気分も出ないしね。

本格的な道具入れは、後々教室で作る予定らしいので、取り合えず長物を入れられる物を作りました。
それに、お教室で作る道具入れは、多分大きくて持ち運べない。
外は麻と綿の混紡。中はウールペーパー。
トレイを付けて二段にしました。
実は、所々布端の処理を間違えてしまいました。
これで見ると目立たないのですが、やはり精進が必要なようです。
で、これも結構…重い…(あれー?)

141

142

シフォンケーキ

137 とうとう我慢しきれずに…つか、思うところあって、百均でシフォンケーキ型を買いました。
ミニを二つ。
で、一人分シフォンケーキを焼いてみました。
いい感じ。
百均でもシフォンケーキの紙型は高いので、これで心おきなく焼けます(^。^)
ただ、この分量だとちょっと型に対して多いので、膨らみすぎ&上が焦げます。
デロンギのオーブンには丁度はいるので、とても重宝なのですが。
まあ、最後焦げそうになったら、アルミホイルをかぶせればいいんですがね。

装丁

138 139

使用前、使用後…みたいな感じで。
家にある英語の辞書。
皮装丁なのですが、ボロボロで、使う度に周りを汚して仕方がないので、ばらして装丁し直しました。
外は、買ってあった焦げ茶のスキバ。ラメ入りで、模様の所為もあるけど、ちょっと爬虫類っぽい。
綺麗に出来たので、タイトルとかを入れるのは止めました。
活字の箔押しが出来ればいいんですがねぇ。
やはり壊れている国語辞書も、装丁し直そうかなー。
つか、装丁の一日ワークショップって、行ってみたい(^_^)

ペーパートランク

135 最近流行ですね。300均ショップ(3coins)で見つけました。
一個ゲット。
作りはまあ雑ですが、この金具がなかなかないんですよねー。
紙を貼り替えてみたいなーっと。でも、金具外すのがなぁ。
付け直すのが、ちょっと大変。正確に言うと、外すのが大変。

ヌテラドリンク

HPとかを見ると、牛乳に溶かしてドリンクとして…と書いてあったので、やってみました。 分量は他のHPも見て、少し甘めですが、 牛乳100ccに小さじ2杯。(こう書くと少しな感じだが、10gだ。結構多い) これを少量の温めた牛乳で溶かし、更に冷たい牛乳を入れ、氷を浮かべる。 ……や、やばい。美味しい…癖になるかも。 アイスココアより、コクがあっていいです。

フィナンシェ2

フィナンシェリベンジ。こちらのレシピで作ってみました。
これ、とってもおいしいです。
つか、食べてて止まらなくなって、慌ててしまいました。
その位美味しい。
個人的ヒット。
材料費は高いのですが、まあ、買うと思えば…。

ヌテラ

友人Sちゃんが、買ってくれました。
ありがとー。
感想…甘い。でも確かに癖になる。
冷凍してあった、件のマドレーヌもどきに付けて食べてみました。
あ、甘いー。
で、これに書いてあった、クレープに付けて食べるのは、有りと思いました。
後は、チョコレートドリンクを作る。

つか、ここのベーグル…美味しそうだな…

コーヒーテーブルブック

134 と言うものが、あるそうです。
要は、リビングなどで寛いでいるときに、ぼーっと眺める本(強引な説明…)
で、自分ではこれがそうかなーっと、リビングに置いてみました。
最初、ちまちま古本屋で探していたのですが、一気に某オークションに出している人が居たので、ゲット!
作り方はかなり微妙(英国だし←偏見…)ですが、写真が綺麗なので。
作り方のヒントには、なりますね。
もう絶版ですが、ウィークエンドクッキング。ソニー出版から。
その後、どこぞが出し直したようですが。でも絶版(^_^;

はぁと

133 買った型で、ソーダブレッドを焼いてみました。
ハート型がいい感じ。
薄く切ってハート型のサンドイッチを作ってみました。
可愛い(^。^)
ネットで焼き型探していたら、こんなのを見つけました。
http://store.yahoo.co.jp/asai-tool/ay-1368.html
確かに、こんな型で焼いて、カナッペとか可愛いよね。
型で抜けばいいという向きもありましょうが、やっぱこっちの方が可愛い。

ヨーグルトアイス

以前持っていた本に載っていたヨーグルトアイス。
さっぱりしていて、とても美味しかったのに、その本をどうも捨ててしまったらしい…。
記憶を頼りに、何となく作ってみた。

シロップ
水 100cc
砂糖 100g
砂糖を、煮溶かす

このシロップを 50cc
水 小さじ2
レモン汁 小さじ1
蜂蜜 小さじ1
ヨーグルト 100cc

以上を混ぜ合わせる。
アイスクリームメーカーで凍らすか、金属製バッドなどに入れて
何回か取り出して混ぜて、そこそこ凍らせる。

最後に六分立てくらいの生クリーム(ホイップクリームでも)を大さじ2程入れて混ぜる。
生クリームは、なくても可。あっさりした味になります。

フィナンシェ

この間から念願の、フィナンシェを作りました。
アーモンドプードルも買ったし。
で、…微妙
レシピはこちら
レシピの分量を見たときから、嫌な予感がしてたんですが、案の定メレンゲが上手く泡立たない。
味も、微妙。
古典的なレシピだそうです。
これで美味しく作れる方、教えて…。

百均まにあ

怪しい百均屋は、ハッピーとかいうチェーン店らしい。
らしいが、HPとかはないみたいなので、何だかよく解らない。
でも、お世話になってます。
化学実験で使う保存壜みたいのが、百円なのでとても重宝。
スパイスとかお茶とか入れてます。

野菜

夏なので、野菜のテリーヌを作ってみました。
コンソメ風のアスピックゼリーを作り、型に…。
えーっと、予想通り、ゼリーと野菜の一体感がない。
茹でた野菜に、ゼリーを絡めて食べてる感じ。
やっぱ、ムースにしないとなんでしょうか。
百均で買った、ミニパウンド型に詰めると、量は丁度良いです。
あのパウンド型、使い勝手いいかも。

まどれーぬ?

132

マドレーヌを作ろうと、色んなレシピをネットで検索中。
見つけたこのレシピ。
http://allabout.co.jp/gourmet/italiancuisine/closeup/CU20050525P/
何か、気になる。すごーく気になる。
大体、材料からして、マドレーヌじゃない。それ以前に、そのヌテッラ…何だ?
ジャンドーヤみたいな物と言われれば、想像は付きますが、が、そんな物一瓶食べたくない。流石イタリア人…。
ずっと気になっていて、先日やっと作ってみました。型は、やはり先日手に入れた、セリアのシリコン型とかで。

で、シリコン型はとても使い勝手がいいので、また購入決定。
クグロフ型、すごくいいです!マドレーヌ型もしっかりしているので、生地を入れても広がらないし、綺麗に凹凸が出て、抜ける!
…じゃなく。

えー、感想は。
1、マドレーヌじゃない。
2、甘さが少ない
3、だから、何か付けるのか。納得。
4、人に言わせると、蒸しパンと焼き菓子の中間。
5、生クリームとジャムを付けると、美味しい。
6、付けるの前提のパン。恐るべしイタリア人(何か違います)、

次回は、多分ない。

謎解明

131 最近よく行く場所に、怪しい(つか不思議な)百均がある。
要は、どこの所属でもない?と言う感じ。
近所にも、それらしい百均はあるんですが、一応キャンドゥーなんですよ。
時々、バッタ物売っていても、一応チェーン…らしい。

で、その不思議な百均屋でしか見かけない、シリコンの焼き型。
でも一緒に売っているテフロン加工は、キャンドゥー製(近所のキャンドゥーにあった)ぽいし、なんだろうと思っていたんですが。
謎は解けました。
…セリア…だ。
関東圏だと、つい百均て、ダイソーかキャンドゥーかシルクなんだよね。
一個百円なんだけど、作りがしっかりしてる感じ。
でもやっぱり、怪しい百均屋自体は、どこの所属かの謎は不明なまま。
買ったのは、クグロフ型とマドレーヌ型とハート。

新作

130 129_2

お教室で作った、箱。
トランクスタイルと、綿を入れるってのを、やったわけです。
夏っぽくブルーの生地を使いたかったので、こんな柄。
惜しむらくは、模様合わせがされてないこと。
つか、やっぱ模様が出る場所を、考えて生地は切りましょう…○| ̄|_。
ブレードが生成だったので、いい房が見つからず、こんな感じ。
自分で作れば良かったかなぁ。

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »