2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

参加予定イベントやリンク

無料ブログはココログ

ウェブページ

こころぐ

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

トランク?

028

前に作っている人が居たので、自分もちょっと作ってみました。
マッチ箱を流用したミニトランク。
これは、どちらかというと、ペーパークラフトの領域ですね。
で、中身は下の画像。
良く作っているミニミニペーパートランクのキットを入れてみました。
丁度良い感じ。
029 これに、外に貼る紙と、作り方を書いた本を付ける予定。
ミニチュアショーで出せる…かなぁ。
今、他の色も作ってます。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ カルトナージュへ

先日のホビーショー

027 ちょっと今更感があるのですが、中旬に行ったホビーショーでの戦利品。
去年は、ほとんど体験を出来なかったので、今回は気合いを入れてやってみました。
パーチメントクラフト(左)と、メタルエンボッシングアート(右)と、銀粘土(下)です。
銀粘土は、モールドに入れるだけで、焼きと磨きは、ブースの方がやってくれたので、ほとんど自分がすることはなく。でも、欲しかった形が手に入ったので、ちょっとうれしい(^。^)
パーチメント…は、自分でいくつか作ってみたことはあるので、手順はそんなに変わりはしなかったです。ただ、針を刺すのとエンボスのガイド用メタルシートがあって、びっくり。道具も進化してるんですね。
ただ、針を刺す用は使いやすかったけどエンボス用はもう少し綺麗にエンボスが出来ると良いなぁと。極までは、エンボスが出来ない構造になっているので。
今回収穫は、メタル…アート。
知ってはいたんだけど、現物をやるのは初めて。
結構、独学でも出来そうです。
これで綺麗なコーナー用飾りとかを作って、カルトナージュに付けてみたいです。問題は、材料費か…。
つか、地道に模様を刻むもの好きだな…自分(^^ゞ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ カルトナージュへ

新作?と言うには、小さい…

026 ちょっと思い付いて、小さな針刺しを作ってみました。
お針仕事をしていて、ちょっとまち針を休める場所が欲しいなと思ったからでして。
作り方は簡単で、小さな円柱を作り、円で切った布にぐし縫いをし、綿を詰めて付けるだけ。つなぎ目をブレードで飾ると、更に可愛いです。
因みに円柱の直径が27mm。
作ってるのを見ていた母に
『一個ちょーだい(^。^)』と言われ、もらわれていきました。
なので、今また更に作ってます。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ カルトナージュへ

も一つ新作

022 で、カルトナージュのお教室を随分休んでいたので、
遅れを取り戻すべく、三回分受けてきました。
朝から晩までカルトナージュ…(^o^)
で、これも作れました。
シンプルな楕円BOX。
トップはキルトでトラポンタをやってみました。初めてにしてはそこそこな出来かな。
とても可愛くできたので、これはまた作ってみたいかも。
クッキーとかをお友達にあげるときに、入れると可愛いですね。

023 同じ模様で、丸を作るのも良いかも…因みにトップの模様は、自分でデザインしました。まあ、キルトの本を参考にしたんですが。それでも、この手のキルトラインは、大きい物が多いので、縮めたわけです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ カルトナージュへ

久々新作

020_2 ずっと忙しくて、カルトナージュのお稽古に行ってなかったのですが、久々に行きました。
前回の続きの、お裁縫箱。
いつもながらのちょっとロマンチックレトロ?な感じでまとめてみました。
ポイントは、針刺し部分の刺繍でしょうか。
真ん中の部分が、時間がかかりましたねぇ。

021_2 中をとりだして、開くとこんな感じ。

因みに、自分が行っているお教室の先生の、HP→こちら

にほんブログ村 ハンドメイドブログ カルトナージュへ

ちょっと張ってみました。使い方がよく解らない(^_^;

難しい…

019 噂には聞いていた、作るのが難しいというマカロン。
最初に、何でマカロンって、あんなに高いのかなぁ?焼くだけじゃん…と思ってたんですが、作り方見てびっくり。ごめんなさい…もう高いなんて言いません…って、感じでした。
で、作ってみました。
作り方はこちら
案の定失敗です。
失敗の原因として
1、コーンスターチの入ってる粉砂糖を使った。
   (表面が割れた)
2、最初が少し焼きすぎ
    (焦げた)
 以上は左の方。
3、乾かす時間が足りなかった
  (論外な出来)
 これは、右の方。
で、無惨な結果となりました。
が、食べると美味しいんだよね。
まあ、材料が材料だから、美味しいのは当たり前か。
ただ、何となくコツはわかった気がするので、
また挑戦してみたいです。
でも、一番の問題は、材料の調達かも。
後は、挟むクリームかなぁ。

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »